Medical 診療案内 歯科口腔外科・入れ歯・義歯・矯正歯科

歯科口腔外科

お口全般のお悩みはおまかせください

親知らずとは

「奥歯の奥の歯」とも言える親知らずは、前歯から数えて8番目の歯のこと。10代後半から20代前半に生えてくることが多い歯ですが、生えてくる人と生えない人がいます。生えてきても横を向いていたり斜めに生えたりすることが多く、ブラッシングがしにくいことからむし歯や歯周病になりやすくなっています。また、隣の歯を強い力で押すため歯並びを乱してしまうこともあり、多くの場合抜歯が必要になります。

なお、正しい向きできちんと生えてくる親知らずもあり、そのような場合には抜歯の必要はありません。抜歯が必要かどうかも含め、親知らずが気になる場合には一度当クリニックまでご相談ください。

抜歯後の注意点

抜歯後には、歯ぐきに穴があくため違和感がありますが、できるだけ患部を舌でさわらないようにしましょう。

抜歯後には、激しい運動や入浴、また飲酒は控えてください。

痛みが出そうな時には、あらかじめ痛み止めを服用することをおすすめします。

腫れることもあります。

その他お口のトラブルについて

口腔外科では、さまざまなお口のトラブルに対応しています。

親知らず

歯牙移植

外傷(お口のケガ)

口腔粘膜疾患

その他

お口について、お困りのことやわからないことがある場合には、いつでもお気軽にご相談ください。

入れ歯・義歯

歯を失ったときの対処法として、入れ歯・義歯、ブリッジ、インプラントなどがあげられます。患者様のお口の状態や症状によっては選択できない治療法もありますが、それぞれの治療法のメリット・デメリットをご説明し、最適な治療法を選択していきます。

入れ歯・義歯の種類

  • バネを引っ掛けるタイプの部分入れ歯(保険治療)

    部分入れ歯は両隣の歯にバネを引っ掛け、入れ歯を安定させます。そのため土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。
    メリットとしては、保険診療内のため費用が比較的安価であること。バネの部分の金属が目立つこともあります。

  • バネのない部分入れ歯(自費治療)

    金具を使わないため、歯に優しく、金属アレルギーの方にも安心な入れ歯です。金具が目立つことも無く、見た目が自然で、付け心地もバネのあるタイプに比べてフィット感があります。

  • プラスチックで出来た総入れ歯(保険治療)

    保険適用の範囲で作られる入れ歯は、入れ歯の土台部分がプラスチック製で、強度を出すためにプラスチックを分厚く作り、そのために装着時は厚みからくる圧迫感や違和感があります。また、熱伝導率も低いことがお食事中感じられます。保険診療内のため費用は安く抑えることができます。

  • 金属で出来た入れ歯(自費治療)

    土台部分が金属で出来ているので熱の伝わりがよく、装着時の違和感も軽減され、プラスチック土台のものと比べると、食事を楽しむことができます。自由診療のため制約がなく、審美性や機能性など色々な工夫を凝らした様々な種類の入れ歯があります。

矯正歯科

矯正治療に年齢は関係ありません。どなたでも対応いたします。
歯並びが悪いことは、かむ、発音するといった機能面はもちろん、磨きづらいことで虫歯や歯周病になるリスクも高くなります。また見た目が気になる方にとっては精神面でも良いとは言えません。当クリニックでは、歯並びが悪い場合には早めに矯正治療をおすすめしています。また、40代以上の方でも今後のお口の健康を考え、矯正治療をおすすめしています。

痛みを軽減し、見た目にも配慮した矯正器具を使用

当クリニックでは透明のマウスピース矯正や取り外しできる矯正装置をおすすめしています。
就寝時のみ装着や取り外しが可能な装置で、固定の矯正器具よりも負担が少なく、衛生的です。
金属製やセラミック製のブラケットを使った、ワイヤー矯正装置も扱ってはいますが、基本的には使っていません。

また矯正治療する際には、患者様のご要望を伺い長期的な治療へのモチベーション維持を支えるためにカウンセリングを重視しています。

CONTACT 医院情報

診療時間

9:30〜13:00

×

14:30〜19:30

×

×

【休診日】水曜・祝日 
【土日診療時間】△ 14:00〜17:00 / ◎ 9:30〜14:00

  • 東武野田線(東武アーバンパークライン)東岩槻駅 北口 徒歩15分
  • 無料駐車場7台

〒339-0007
埼玉県さいたま市岩槻区諏訪4-1-7

© すわ公園デンタルクリニック. All Rights Reserved.